mrhiyorigeta’s blog

思いつくままを気の向いた時に、散歩をするような日記です。

11月14日(2017)

72日間世界一周(1889)が現実に達成された。小説効果は絶大だ。

○「チバ時代」だからどうした。ジュラがどこか誰も知らず、おかげで栄えたとも聞かず。養老渓谷は観光効果あるかも。いっそチバニアン県に変えたらよい。地磁気が逆転したらどうなる?電極が反対となるので体内の電気信号で機能する生き物は絶滅?科学知識ゼロの妄想である。

○残念な☓☓という昨今の表現、例えば「残念な動物」というような言い方、違和感あり。

○小池が希望代表を降りるよう。泥舟と共に沈む筈はないから既定の判断だろう。当面の逆風は覚悟だ。都政で実績を作り次を待つのがよい。

11月13日(2017)

晴れ。萩原重秀忌(1713)。信用通貨制の先駆者。ケインズも顔負けである。儒学白石センセに追い遣られた。彼は小身から幕臣生活をスタートし勘定奉行まで成り上がった。本人の能力もさることながら、彼を見出した江戸幕府の登用力も凄い。江戸の日本人の独創力には驚かされる。

日経平均4日続落、もう冷却できた?

11月12日(2017)

快晴。立冬-地始凍(ちはじめてこおる)、「古寺のすの子も青し冬がまえ」(野沢凡兆)。ジョン万次郎忌(1827)、国際化時代に恵まれた人(もちろんの才能もあったが)。 ○日本から地図で西を見る。日本列島は半球を支える格好、格好の位置にある。無機にならず一帯一路に乗ってもよいのでは、あまり対抗心はもたない方がよい。 ○韓中雪解けムードだそうだ。隣国は今迷う。カウボーイ用心棒に頼るか? 古くからご主人にすがる? 嫁ぎ先を迷う龍の国の現状である。もっともわがヤマトも偉そうなことは言えないが…。

11月11日(2017)

晴れ。第一次大戦集結(1918)ドイツは20C前半に2度世界に歯向かい叩きのめされ、飛躍した。凄い力のある国だ。 ○国家の借金残高は小泉で横ばいとなったが、後は増勢回復、 菅・野田・安倍だ。とくに安倍氏の「貢献」は大。 ○座間の事件の犯人は殺人罪に問える?自白だけで物証が乏しそうだが。 ○「爆発力」が日本人の本質。普段は引きこもるが、時に激情的に動く。古墳期の朝鮮介入、秀吉の朝鮮出兵、江戸の町民文化、明治〜昭和の拡張指向、戦後の経済成長…。まるでジキルとハイドのように。この静・動は周期的に反復する。そろそろ「動」か?

11月10日(2017)

晴れ。創氏改名(1939)。中央の統制の効かない朝鮮総督府。弱い中央と気ままに動く地方、これが歴史の構図だ。 ○TPP11協定発効合意(?)。素直に朗報だ。今は屈→伸を図る時期。歴史は屈・伸を繰り返す。「もう起きろどこかで天の声がする」。 ○午前は板橋で日本古代史講座。テーマは仏教公伝。あれは欽明維新宣言だった。「古き世の文明開化武から文」 ○日経平均170円安で3日続落、2.26万円、よい、逆上せを冷まそう。 ○帰りに柴又帝釈天の彫刻を再見する。手馴れているが、感動なし、迫りくるもの無し。B級アートも才能に依存する。

11月9日(2017)

快晴。治承・寿永の乱(1180)、バランス崩れが乱れの元、清盛と後白河を取り持った女の死が契機。衰亡の因は平家の台頭が戦いの勝利によるものではないため(だから幕末の薩長は武力倒幕に拘った)。この平滋子は人物であったらしい、義兄と夫の仲介を果たした。歴史を変えるのは女だ。 ○オスプレイ事故率は高いが安全な飛行可能だとの政府の説明、意味不明。 ○サウジ情勢が気になる。皇太子の急進策が内外の軋轢を煽る。この皇太子、余裕無く転びそう。 ○韓国は辛い-米中の間で自国の立ち位置に迷い風見鶏を決め込む。李氏朝鮮は一貫して中国の冊封の下に。 ○驚きの相場だ。日経平均は約500円騰がり約500円下がり、引けにかけて450円戻した、これはよい。2日続落、休み休み行こう。 ○「トランプル札ビラ切られいい子され」彼が望む中国との貿易2国間交渉は無視されアメ玉で宥められた格好。さすが中華の国、東夷アメリカを相手にせず。

11月8日(2017)

曇り。花やつで-「幼子の手毬守るよな大きな手」11PM(1965)、巨泉は俳号、意外の硬派の側面、「立太子礼浮浪児が手を振っている」。 ○「米まくも罪ぞよ鶏が蹴合ふぞよ」(一茶) ○鷺草「涼しさや南風にたゆたう真白花」夏に見たい花だ。